チンチラの里親探し

チンチラ 里親

「身寄りのない飼い主が、家を買ったのを期にチンチラの雄雌を買い、ヒマラヤンを譲り受け、避妊・去勢せずに無秩序に繁殖させてしまいました。」
「無責任な飼主に飼育され80匹までに増えてしまった」
「生まれたばかりの仔猫が噛み殺されている」
blo「パナマの仕立て屋」さんからの抜粋
http://nina-panama.269g.net/article/2710116.html

何年か前に、無責任なチンチラ猫の飼い主が問題になりましたが、いまでもそういう人たちはいて、常に問題になっています。

冒頭の事件では、元はペットショップから購入したチンチラ猫たちが繁殖し、さらに近親交配で増えてしまいました。
純血種は無理な交配をすることにより、弱い子どもが生まれる可能性が高くなります。
それでも生まれてきた命を大事にしようとするボランティア団体やNPOが各地にあり、そこでは常に里親を探しています。

Chinchilla009.jpg


基本的に無料のようですが、団体によっては避妊手術の実費負担をお願いしたり、団体の会員になることが条件だったりするので、それぞれのチンチラの里親を探している団体にご確認ください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。